スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【経済】 韓国自動車メーカー、「ウォン高」に苦しむ・・・継続すれば「日本に太刀打ちできない」

1:2014/06/05(木)12:51:52 ID:
 
◆10ウォン値上がりするたびに売上高が4200億ウォン(約418億円)減少

 韓国の自動車メーカーがウォン高に苦しんでいる。
香港メディアの鳳凰網はこのほど、韓国自動車産業研究所の発表を引用し、韓国の自動車
産業は通貨ウォンが米ドルに対して10ウォン値上がりするたびに売上高が4200億ウォン
(約418億円)減少すると伝えた。

 報道によれば、2014年1月のウォン為替レートは1ドル=1064.75ウォンだったが、
5月8日には1ドル=1021.50ウォンまでウォン高ドル安が進んだ。

 記事は仮に5月の水準のまま年末を迎えた場合、韓国の自動車産業の売上高は1月時点
の為替レートの水準に比べて1兆6000億ウォンも減少することになると試算した。

 記事は韓国自動車産業研究所の発表として、「ウォン高は自動車の輸出における価格競争
力を削ぐことにつながり、韓国自動車メーカーは今まさに苦しい時期にある」と伝え、グローバル
市場は競争が激しいため、輸出先での販売価格引き上げによって為替の影響を打ち消すこと
は簡単なことではないと論じた。

 さらに13年に大幅に円安が進んだことで、日産は同年に米国で17車種中7車種で2.7%-
10.7%の値下げを行ったほか、トヨタ自動車は13年下半期に米国ですべての自動車に2500
ドルの補助を提供したと紹介。
その結果、14年4月までに日産の米国市場での販売台数は前年比13%増、トヨタは同2.1%
増になったと伝えた。

 また、日本の自動車メーカーは円安を利用して輸出価格の引き下げを行い、競争力を強化して
いると指摘する一方、韓国自動車産業研究所の分析として、「14年下半期も円安が続く見通し」と伝えた。

 仮に今後もウォン高が続けば、韓国車の価格競争力は低下し続けるため、韓国自動車メーカー
は日本の自動車メーカーに太刀打ちできなくなると論じた。

2014年6月5日
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1096711
2:2014/06/05(木)12:53:31 ID:
民主党によるボーナスステージは、とっくに終わったんだよ。
6:2014/06/05(木)13:15:53 ID:
>>2
チャート見るとハッキリわかる

2012年末の安倍政権の誕生から怒涛の「ウォン高・円安」w
 
9:2014/06/05(木)13:18:28 ID:
>>6
どう見ても人為的でしたw

続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : 韓国

B!

2014/06/14 17:31 | ニュースCOMMENT(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。