スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【風景】世界遺産フィレンツェのシンボル・「ドゥオモ」

1:2014/05/19(月)00:57:14 ID:


■「花」に例えられた華麗な大聖堂

イタリアの古都・フィレンツェにある「サンタ マリア デル フィオーレ(花の聖母大聖堂)」。
「ドゥオモ」という通称で呼ばれている、フィレンツェのシンボルです。



1296年から175年をかけて建設されたこの大聖堂の設計は、ブルネッレスキによるもの。
当時フィレンツェでは、メディチ家が隆盛を誇っていたとあって、その建築は実に華麗です。



この緻密な彫刻!
そして、3色の石材は、すべて大理石です。大理石といえば、白い石というイメージがありますが、赤や緑の大理石もあるんですね。

■展望台からの眺めは最高!

それでは、中に入ってみましょう。


(c)flickr/emyrddin

中の床も、3色の大理石が敷き詰められています。




クーポラ(ドーム)の天井画も圧巻です。
こちらは、イタリアの芸術家・ヴァザーリやその弟子たちによる「最後の審判」。思わず時を忘れて見入ってしまいます。

さて、このドゥオモは、上からフィレンツェ市街を一望することができます。
464段の階段を登って展望台へ行くと、そこからの景色は最高!


(c)flickr /Glen Bowman

市街地が、赤茶色の屋根で統一されていて、とても美しいです。
正直言って、エレベーターなしで464段の階段をひたすら登るのは、かなり過酷なのですが、大変な思いをして登るだけの価値はあります。



〈以下略〉

by(今井明子)

ソース
http://tabizine.jp/2014/02/22/6139/
3:2014/05/19(月)01:12:56 ID:
フィレンツェいいよね。
至近距離にぎちぎちに歴史遺産がひしめいてて
建造物の全体が一度に視界に収まらないようなヨーロッパの都市感にわくわくする。
4:2014/05/19(月)02:10:48 ID:
なんか外観も中も気持ち悪いな
5:2014/05/19(月)02:25:14 ID:
『ドゥオーモ広場はあ・・・ドゥッチョラッ シエナッ ハー』
まずこれを思い出した、、、、

11分頃から

続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : 世界遺産

B!

2014/06/02 18:11 | おーぷんまとめCOMMENT(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。